トップページへ戻る > 空き巣の手口

空き巣の手口

■空き巣の手口

泥棒は、住宅に侵入するための手段を選びません。
窓が割れようが、扉がこわれようが、目的は金品をいかに短時間で奪うか、ということなので、その後住民がどんなに困ろうと知ったこっちゃないでしょう。
アパートやマンション、店舗が安全な訳ではないのですが、建物ごとセキュリティー会社と契約を結んでいることも多く、やはり一般住宅を狙うケースが多いようです。
空き巣の手口も、セキュリティーの進化同様、次々と新しく巧妙な方法が生まれています。
よくきかれる被害の方法は、次のようなものです。

◆ピッキング
工具を使い、シリンダー部分を操作して鍵を解除する方法。

◆サムターンまわし
ドリルなどで扉に直接穴を開けたり、郵便受けから手をいれ、直接室内側から鍵を開ける方法。

◆カム送り解錠(開錠)
シリンダーを覆っているカバーの隙間から工具をねじこみ、中のカムを動かして解錠する。シリンダー部分に傷が残らないので、犯行の発見が遅れる可能性あり。

◆合鍵
家の外においてある置き鍵や、合鍵を使い侵入する方法。

◆錠破り・バール破壊
ドアの隙間などにバールなどを差し込み、鍵(扉)全体を壊して侵入する方法。

◆ガラス破り
ガラスを割り、クレセント(三日月形の締め金具)を開ける方法。

◆焼き切り・焼き破り
ガラスの施錠近くをバーナーやライターなどで焼き切り、手を入れて中から開ける方法。通常のガラス破りより、大きな音を立てないでガラスを割ることができる。

◆無締り
ドアや窓の施錠していない場所を見つけ侵入する方法。被害者の油断を狙われる。

関連エントリー

あなたがおすすめしたいバーチャルオフィス 東京を知りませんか?

Copyright © 2008 ホームセキュリティ徹底比較. All rights reserved