トップページへ戻る > 合鍵

合鍵

■合鍵

ピッキングで鍵を無理矢理こじ開けなくても、正々堂々と家に入る方法があります。

それは、鍵を持っていること。

身内の犯行か!?と疑いたくもなる完全犯罪が可能です。

たいていの空き巣は、必ず犯行現場を下見すると言います。
あなたが家を開ける時間帯、金目のものがありそうか、犯行しやすいかどうかなどなど、危険を侵してまであまりあるメリットを計算しているはずです。

となれば、合鍵を手に入れるのがいちばんスマートな方法ですよね。
ピッキング対策とともに、鍵を盗まれないための防御も必要になってきます。

我が家でもそうだったのですが、家の鍵、車の鍵、自転車の鍵…と鍵の数が多くなると、その管理が面倒で、いちばん便利なのは玄関においておくことです。
しかも、間違いないですぐにとれるように、結構きれいに並べて壁にかけてあったりします。
これは逆に言えば、泥棒も、玄関を開けるとさっと鍵だけとれるわけですよね。
たまに、家の鍵などカバンの中に入れっぱなしにしてしまい、合鍵を使うこともありますから、1日ぐらいマスターキーがなくても気がついていないかもしれません。

鍵を盗まれたり、落としてしまったときには、だれでも警戒しますから、鍵を換えるなどの対策を取ります。
それでも、普通数日は探しますから、合鍵を作ってさりげなく戻されていれば…犯罪だということに気が付かないかもしれません。
また合鍵を作られるのは、外においてある鍵が最も危険だと言われています。
ポストの中や植木鉢の下など以外にも、ありそうなパターンはプロの空き巣にはすぐに分かるそうですよ。

・外から見えるところに鍵をおかない
・家の外に鍵を隠さない
・在宅中でも、施錠しておく

関連エントリー

Copyright © 2008 ホームセキュリティ徹底比較. All rights reserved