トップページへ戻る > 玄関のセキュリティー

玄関のセキュリティー

■玄関のセキュリティー

玄関ドアのセキュリティは鍵だけではありません。
ピッキングや、合鍵を使って侵入するという方法が定番ですが、ドアの隙間にバールなどの工具を差し込んで、ドアごと強引に破壊してしまうこともあるのです。
そのためには、扉とドア枠が一体化していることが理想。
また古い造りで、隙間から中の様子がうかがえるようなら、補修が必要です。

忍び込みや居空きに対しては、ドアチェーンも効果があります。
チェーンといいますが、最近のものは頑丈な鉄板の組み合わせで、簡単には外から壊すことができません。昔ながらのチェーンタイプのものは、工具で切られる可能性があるのですが、その手間を考えるとあきらめてくれる確率も高いといえます。
ドアチェーンというと、押し売り対策のために扉を少ししか開きたくない時にしか使わないイメージがありますが、在宅時の防犯対策として、ドアロックとともに使う習慣をつけて欲しいものです。


・ドアの隙間をなくす
・ドアチェーンを使う

関連エントリー

Copyright © 2008 ホームセキュリティ徹底比較. All rights reserved