トップページへ戻る > 待機所の規模

待機所の規模

■待機所の規模

また、迅速な対応とともに、待機所の規模を検討しなければなりません。

通常、警察や消防と同じように、緊急通報を受けるセンターと、警備員が発動する場所は別のところにあります。
最寄りの待機所で一度にできるトラブル対応の数が少なすぎると、いざというときに対応し切れない可能性があります。
その場合に、次に駆けつけてくれる待機所は何分ぐらいの場所にあるのか、というフォロー体制のチェックも必要です。
人口密度に対しての、セキュリティーの契約件数や、過去の発動実績などを調べておきましょう。

関連エントリー

Copyright © 2008 ホームセキュリティ徹底比較. All rights reserved